体が弱い人こそ独立開業をおすすめする!

ようこそ!「名もなきフリーランスのホームページ」へ!

このホームページは、生まれつき何らかの障害やハンディキャップを負っている人、怪我や病気などで仕事に支障がある人などが、それらのハンデを乗り越えて幸せに生活していくために少しでも役立てるようにと思って運営しています。

私たちは今健康だったとしても、いつ怪我や病気で人生が一変するかわかりません。

一度、下り坂に入ると二度と這い上がって来ることが困難な世界が資本主義という世界です。

強者の立場でいる時には気付かないかもしれませんが、弱者の立場になればこの世がまさに「弱肉強食」の世界であることを深く実感する事ができます。

この厳しく残酷な世界で、何とか幸せな人生を送るために少しでも役立つ事ができれば幸いです。

管理人の自己紹介

それでは、少し自己紹介させていただきます。

私は、生まれつき体が弱く強度の片頭痛を持っています。

月に1〜2回くらいはひどい頭痛が起こり、一度発症すると3日以上は立ってられないほどの激痛に教われます。

中学生か高校生くらいの比較的早い段階で私は悟りました。

「自分は普通の人のように会社に勤める事はできない。」

就職してサラリーマンになったとしても、片頭痛が発症すると、否が応でも会社を休まなければならない。

月に2回も数日間連続して休む事が許される訳ないですよね。

私は、資格を取って独立開業して自分のペースで何とか生計を立てていく事を決意しました。

結果として、今は資格で仕事をしているわけではなく、小さな会社を作って自由に仕事をして人並みの生活を送っています。

親戚にも、糖尿病痛風で仕事ができなくなって家庭崩壊に陥っている人がいます。

友達にも更年期障害で子育てがまともにできなくなって、それがストレスになりさらに重い病気になってしまった人もいます。

人はもっと本来自由であっていいはず。

大企業や大手資本を有する者だけが、社会にはびこっていいわけがありません。

このホームページは地味に運営していますが、実は私の心の叫びを静かに表現しているものなのです。